人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 14 )

 

保養キャンプ全日程

f0266380_553892.jpg
     
8月3日(土) 1日目
13:40 宇部空港着 パタ屋(キャンプ地)へ移動
16:00 パタ屋にて 歓迎の会
18:30 パタ屋特製おまかせバイキング

8月4日(日) 2日目
7時  起床
8時  朝食
9:30 Nさん宅へ移動
10:00 自己紹介、
          昼食準備(竹切り、そうめん流しの準備)
12:00 昼食
13:00 スイカ収穫、小豆植え、磯遊び
17:00 黄波戸温泉へ
19:00 夕食(Nさん邸前でバーベキュー)

8月5日(月) 3日目
7時  起床
8時  朝食
9:30 大浜海岸で遊ぶ
12:00 お弁当
14:00 向津具の子どもたちと顔合わせ
16:00 パタ屋へ移動
18:00  夕食
20:00 星座を天体望遠鏡で観よう

8月6日(火) 4日目
7時  起床
8時  朝食
9:00 ドライブ&ミニチュアホースを見に行く
  12:00 パタ屋で昼食後フリータイム シーグラスペインティング
   18:00  バーベキュー
  19:30 キャンドルサービス

8月7日(水) 5日目
10:00 お別れの会
11:00 パタ屋出発し、金子みすず記念館、香月美術館へ
12:00  昼食後宇部空港へ
14:20 宇部空港発

by yasutin2013 | 2013-09-28 05:10  

さあ、キャンプだ!

 先日、最後の実行委員会をもった。6回開いたことになる。
 5回目の実行委員会は父の葬儀と重なり、参加できなかった。この時点で、何とまだ福島からの参加者は確定していなかった。

 人選をお願いしていたいわきの新聞社が、とても丁寧に人選をしてくださったので遅れに遅れた。
 運悪く父の葬儀とも重なり、通夜の日も、葬儀の日も福島と連絡を取り合うという綱渡り状態だった。

 新聞社から最終連絡があったのは7月24日。母と墓石の石材店を訪れていた時だった。
 ついに参加者が確定したとの一報が入り、小躍りして喜んだ。もし万が一、参加者が見つからなかったら、いただいたカンパはお詫びしてお返ししなければならなかった。

 でも、何とか実現できることとなった。4年生1名、5年生3名、6年生1名、付き添いの保護者1名の合計6名。

 中村のばあちゃんも、向津具の子ども達も牛も首を長くして待っている。実行委員も20名近くまでふくらんだ。短い期間だが、精一杯楽しんでもらいたい。

f0266380_17302616.jpg

by yasutin2013 | 2013-07-31 17:27  

ちらし

こんなに格好いいチラシができあがりました。
このちらしは山口県のスタッフが作ってくれたものです。
とっても素敵なキャンプになりそうです。ワクワクしてくるなあ!
f0266380_6232567.jpg

by yasutin2013 | 2013-06-16 06:31  

Nさんのこと

ぼくの棚田通いも5年目となった。

Nさんには世話になりっぱなしだ。
Nさんがいなければ、素人のぼくに米作りなどできなかった。

子どもが大好きなNさんは、クラスの子どもを棚田に連れて行ったら、
山に柿をもぎに連れて行ってくれたり、タケノコ堀に連れて行ってくれたり、
ほんとうによくかわいがってくれる。

ぼくがフクシマにボランティアで行ってきたことを伝えると、心の底からほめてくれた。
福島の子ども達を、ここ向津具に呼ぶことを教えると、
自分の家で泊まらせればよいと即座に言ってくれた。

Nさんは旦那さんを癌で亡くし、ずっと独り身だ。
しかし、天性の明るさでズンズン進んでいく。ぼくが毎週棚田通いを欠かさないのは、
中村さんに元気をいただくためでもある。

中村さんは福島の子ども達に、おいしいご飯と郷土料理を食べさせてあげたいと言う。
竹を切って、そうめん流しをしたり、蚊帳を吊ってみんなで寝させてあげたいとも言う。
黄波戸温泉にも連れて行ってあげたいそうだ。
かくして、地元のお百姓さんとの楽しい一夜が過ごせそうだ。

Nさんの張り切る姿が今から目に浮かぶ。f0266380_19543159.jpg
f0266380_19552384.jpg

by yasutin2013 | 2013-06-10 19:41  

パタ屋さんにて実行委員会

ベースキャンプ地となる向津具のパタ屋さんに実行委員で行ってきた。
あいにくの曇り空で、紺碧の海をお見せできなかったが、百聞は一見にしかず。
ロケーションのすばらしさやパタ屋さんの施設のすばらしさ、管理人さんの人柄のよさにみんな魅せられてしまい、みんな向津具の虜となった。

パタ屋さんは宿泊料金も格安にしてくださり、カンパ金集めに四苦八苦している実行委員一同大感激。

自然の豊かな向津具で思い切り遊んで保養してもらうこと。
福島の子ども達と向津具の子ども達とが出会って、まずは友達になること。
そのための橋渡しをぼくら大人が準備すること。
ぼくらが福島のことを忘れずに生きていくこと。

地位も名誉も金もないぼくら。
招待できる子ども達も保養日数もわずかだけれど、
新たな出会いを求めて頑張ろうという気持ちが今回の向津具訪問で高まったことだけは確かだ。
f0266380_6342342.jpg

by yasutin2013 | 2013-06-02 06:40  

棚田を守りたい

 若者の流出と押し寄せる高齢化の波。
 寝る間も惜しんで、懐中電灯を口にくわえながら畦塗りをしたというNさんの話を聞きながら、耕し手がいなくなり、木や草に被われ痕跡も失いつつある棚田をぼんやりながめている。
 廃屋の前で一人で田植えをする姿は何とももの悲しい。先祖代々守り続けてきたよく整備された美しい棚田は、年と共に減っていく。この国の総理大臣は、自分の故郷であるこの中山間地さえ守ろうともせず、ひたすら大規模農業ばかりを推奨する。

 このままではあと10年ももたない。地域自体がなくなってしまう。小学校も中学校も廃校となった。
 いまだに外出時にカギをかけない地区があるなんてぼくは信じられなかった。きれいな海や棚田。人情味あふれる人達。都会にはないすばらしさが失われてしまうのは、何としても阻止せねばならない。

 まずは、この地域のすばらしさを広報することからしか始まらないと思う。

 だから、「おいでませ向津具へ!」だ。
f0266380_22533342.jpg

by yasutin2013 | 2013-05-25 23:00  

目立ちまくり

パタ屋特製のTシャツをすすめている。
限界集落に成り果てつつある向津具。
向津具小学校も、向津具中学校も廃校となってしまった。
この村を元気に立て直そうと奮闘してるSさんたちのグループが作ったTシャツ。
地名を逆手にとって「ムカツク」とカタカナに
f0266380_6221458.jpg
したところがかっこいい。
テレビのクイズ番組にも、三択問題で、
「この中で本当にある地名はどれでしょう?」
と出題された。当然、正解者はなし。

海はきれい、山もきれい、棚田はきれい、人も優しい。
こんな素敵なところがどこにあろうか。
高齢化が進み、小規模農業切り捨ての経済政策によって、
豊かなコミュニティが消滅させられていくなんて許せる話ではない。

サマーキャンプが村おこしの一助にもなれば、これほど嬉しいことはない。

by yasutin2013 | 2013-05-20 06:23  

シーグラス

埼玉のお蕎麦屋さんのランクルさんが、またまた嬉しい情報を伝授してくださいました。
海の「ゴミ」を使って、こんな素敵なシーシェードを作ったそうです。
現物写真を送って下さいました。
あまりに素敵なので勝手に掲載させてもらいました。
これなら、いろんな色のガラスを組み合わせて、シンプルで素敵なランプシェードが出来上がりそうです。
みんなでいっぱい拾って、ボンドで貼り付けたり、ペインティングしたりすれば、
よい思い出の作品が出来上がりそうです!

おー、なんだかワクワクしてくるなあ!!
f0266380_8215256.jpg

by yasutin2013 | 2013-05-19 08:22  

ゴミに命を吹き込む

波打ち際に転がっているガラスの破片。
その破片を拾ってきて、ペインティングしたのが下の写真だ。ただのゴミに命が吹き込まれた。

最近よく顔をだしている向津具のパタ屋のカウンターに置いてあった。「これ、いいですね。」と言ったらタダでくれた。

ぼくは売り物だと思っていたのだ。200円ぐらいなら箸置きにしてもいいので買うつもりだった。

かつて勤めていた役所の同僚が遊びに来てアクリルペイントで描いたものだという。

これは夏のサマーキャンプで使えると思った。
その人を講師にお願いしたいと思っていたら、「いつでも来てくれるよ。」だって!

おお、遊びの講座がまた一つ加わったぞ!
(もうぼくの頭の中には5つのアウトドア講座が出来上がっている。)

これは大人も一緒に楽しめる。
穴を開けてリングを通せばキーホルダーだ。

パタ屋さんはぼくらの勧めで、商品化するとのこと。
人ごとながら嬉しい!





f0266380_22132860.jpg

by yasutin2013 | 2013-05-17 22:05  

至宝

発泡スチロールに入った宅急便が届きました。
もう一ヶ月も前です。
送り主は僕の敬愛するランクルさん。埼玉県でお蕎麦屋さんを開いています。
インターネット上のある写真サイトで知り合っただけなのですが、写真初心者のぼくに懇切ていねいに指導してくれました。それ以来のネット上でのおつきあいですが、上京する機会が2年ほど前にあり、ランクルさんのお蕎麦屋さんも訪問いたしました。美味しいのなんの、近くにあれば毎週通いたいくらいです。

「使わなくなった!?」というリールと手作りルアーがどっさり入っていました。
それにしてもこんなにたくさんの物がいただけるなんて想像すらしていませんでしたので、一つ一つを畳の上に並べながら目を丸くしていました。

こんな貴重で、高価な品々を前に、釣りの素人の僕がいただいてよかったのかと後悔しました。ランクルさんの周りの釣り友達ならきっとよだれを垂らすでしょうに。

夏に福島の子ども達を呼ぶので、このリールを、ルアーを使わせていただこうと思っています。僕が私物化するより、ランクルさんはきっとその方を喜んでくれるだろうと思っています。ランクルさんは何もおっしゃいませんが、きっとその含みでプレゼントしてくれたのでしょう!

 リール一つ一つに、ランクルさん寄贈としるしたテープを貼り付けようと思っています。大事に使わせていただきます。
 ルアーはひっかかってなくなりそうなので、いくつかは永久保存です!
 
 キャンプ成功に向けて、遠くから支援して下さる人の存在に励まされています。がんばります!f0266380_20201013.jpg

by yasutin2013 | 2013-05-03 20:21