至宝

発泡スチロールに入った宅急便が届きました。
もう一ヶ月も前です。
送り主は僕の敬愛するランクルさん。埼玉県でお蕎麦屋さんを開いています。
インターネット上のある写真サイトで知り合っただけなのですが、写真初心者のぼくに懇切ていねいに指導してくれました。それ以来のネット上でのおつきあいですが、上京する機会が2年ほど前にあり、ランクルさんのお蕎麦屋さんも訪問いたしました。美味しいのなんの、近くにあれば毎週通いたいくらいです。

「使わなくなった!?」というリールと手作りルアーがどっさり入っていました。
それにしてもこんなにたくさんの物がいただけるなんて想像すらしていませんでしたので、一つ一つを畳の上に並べながら目を丸くしていました。

こんな貴重で、高価な品々を前に、釣りの素人の僕がいただいてよかったのかと後悔しました。ランクルさんの周りの釣り友達ならきっとよだれを垂らすでしょうに。

夏に福島の子ども達を呼ぶので、このリールを、ルアーを使わせていただこうと思っています。僕が私物化するより、ランクルさんはきっとその方を喜んでくれるだろうと思っています。ランクルさんは何もおっしゃいませんが、きっとその含みでプレゼントしてくれたのでしょう!

 リール一つ一つに、ランクルさん寄贈としるしたテープを貼り付けようと思っています。大事に使わせていただきます。
 ルアーはひっかかってなくなりそうなので、いくつかは永久保存です!
 
 キャンプ成功に向けて、遠くから支援して下さる人の存在に励まされています。がんばります!f0266380_20201013.jpg
[PR]

by yasutin2013 | 2013-05-03 20:21  

<< ゴミに命を吹き込む 念ずれば通ず >>